読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強の勉強法~エビデンスベースドラーニング~

「科学的見地に基づく」勉強法の勉強法をご紹介します。

ノートの取り方ひとつで記憶力アップ!

勉強した気になっただけ!?

f:id:idu_psylinks:20170307192501j:plain

 

そんな自己満足ではなく

本物の知識を得たい人

必要不可欠なノート術の大原則

 

 

んにちは。

PSYLINKSのだいきです。

 

今日のテーマは

勉強に役立つノート術です。

f:id:idu_psylinks:20170307193040j:plain

 

学生時代は誰もがお世話になった

勉強の必需品。

それが「ノート」ですね。

 

ちょっと本屋さんを覗くと


「〇〇社員のノートの取り方」

「ノートは一冊にまとめなさい」

「最強のノート術」


など、いかにノートの取り方に
需要があるかがわかります。

 

f:id:idu_psylinks:20170307193133j:plain

 

そんなわけで、

ノート術に関してのノウハウ

ご紹介しようと思います。

 

 

もしもあなたが、

勉強したことをノートに写して

それだけで満足するようなら

この先は読む必要がありません。

 

 

しかし、ノートに書いたことを

しっかりと「自分の知識」として

吸収したい人にとっては、目からウロコが

ボトボト落ちる内容になっています。

 

「え?そんなに画期的な

ノートの取り方なの?」

f:id:idu_psylinks:20170307193247p:plain

 

さあ、それはどうでしょう?


その真相はあなた自身で

この先の話を読んで

確かめてみて下さい!

 

知識欲旺盛なあなたのために

ちょっと意地悪な表現にしてみました。)

 

 

ノートは書き写すためのものではない!

f:id:idu_psylinks:20170307193355j:plain

 

この記事であなたに

伝えたいことはたった1つ。

 

ノートを取る上で

一番大切な大原則です。

 

それは、

「ノートは記録ではなく”記憶”するためにとる」

というものです。

f:id:idu_psylinks:20170307193517j:plain

 

 

よく、講義で聞いた内容や

読書で得た知識をそっくりそのまま

ノートに書き写す人がいます。

 

そして、本人は

晴れ晴れと満足そうな顔で

「今日も勉強頑張った!」

と言うのです。

 

私は声を大にして言いたい。



講義で聞いたことを

そのままノートに書き写すくらいなら、

その講義を録音でもして後から聞き直せなばいい。

 

本の中で気になったことを

そのまま書き写すくらいなら、

もう一度その本を読めばいい。

f:id:idu_psylinks:20170307193644j:plain

 

このように、使い方が下手な人は

ノートを取る意味がない

ような使い方をしています。

 

 

そもそもなぜノートを取るのか?

f:id:idu_psylinks:20170307194835j:plain

 

そうではなくて、あなたが本当に

「知識を得たい」と思って

勉強をしているのであれば、

 

『記録』ではなく『記憶』に

残るようなノートの使い方

しなければいけないんです。

 

では、

記憶に残すためのノート術とは

一体どんなものなのか?

f:id:idu_psylinks:20170307194913j:plain



ここまで話してしまうと

内容がごちゃごちゃしてしまうので

具体的な方法は後の記事でお話します。

 


とにかく今日は、

「ノートは”記録”ではなく

”記憶”するために取るもの」


ということだけを覚えてくれたら、

この記事の役目は十分です。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。