読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強の勉強法~エビデンスベースドラーニング~

「科学的見地に基づく」勉強法の勉強法をご紹介します。

試験本番で”ど忘れ”をする人に足りないものとは?

記憶は「覚える」以外に
もう一つの大事な要素がある

f:id:idu_psylinks:20170311185329j:plain

 

んにちは。

PSYLINKSのだいきです。

 

 

今日は、一般的に「記憶」と言われる

メカニズムについてお話します。

 

最初に聞いておきたいのですが、

あなたは「記憶=覚えること」

思ってはいませんか?

 

実は、その答えでは

「30%の部分点」しか上げられません。

f:id:idu_psylinks:20170311185547j:plain

 

いや、むしろ勉強に必須の

「記憶術」という意味で言うと

10%ほどしか理解していない

言わざるを得ないでしょう。

 

すみません。

あなたを馬鹿にしているわけではないのです。

 

 

ですが、今日は記憶に関して

「覚える」以外の視点から

解説をしていこうと思います。

 

「記憶」というものに関して

これからお話することを知らないと

 

例え、百科事典の隅から隅まで

暗記をしたとしても、

あなたの知識レベルは変わりません。

f:id:idu_psylinks:20170311185727p:plain

 

 

何故なら、記憶というものは

「覚える」だけでは意味がないからです。

 

 

そう、今日のテーマは

「覚えたことを思い出す力」です。

 

つまり、いくらインプットをしても

それをアウトプットできなければ

「知らない」ことと同義なわけです。

 

 

今日はこういった記憶を

「思い出す力」について

色々とお話をしていきます。

f:id:idu_psylinks:20170311190051g:plain

 

 

頑張って暗記をしているのに

テスト本番になぜかど忘れする…

 

そんなあなたに足りないのは、

「思い出す力」なのかもしれません。

 

記憶は2つの要素で構成される

f:id:idu_psylinks:20170311190213j:plain

 

では、改めて記憶の基本的な

メカニズムから見ていきましょう。

 

 

記憶には2つの要素があります。

 

1つは、私たちにも馴染み深い

「覚える」という要素。

 

そして、勉強において非常に

大切であるにも関わらず、

ほとんど語られないのが

「検索」という要素です。

f:id:idu_psylinks:20170311190246j:plain

 

「覚える」要素に関しては、

こちらの記事で解説しているので

効率的な「覚え方」を知りたい人

こちらの記事をまずご覧ください。

 

学習心理学の視点で見る「効率的な覚え方」

↓↓↓↓↓

idu-psylinks.hatenablog.com

 

 

記憶は「忘れる」と強化される!?

”レミニセンス”を上手に使おう!

↓↓↓↓↓

idu-psylinks.hatenablog.com

 

 

 

そして、「記憶」に関して、

勉強やテストなどで重要となるのが

「検索」という要素なのです。

 

検索というと少し難しそうですが、

要は「覚えたことを思い出す力」

イメージすると分かりやすいでしょう。

 

 

例えば、ど忘れをした経験って

あなたにもあるのではないでしょうか?

 

これってよく考えると

ちょっと面白いですよね。

 

忘れているにもかかわらず

頭では「分かっているんだけど…」という

矛盾した状態にあるわけです。

f:id:idu_psylinks:20170311190445j:plain

 

 

そう、つまり覚えた情報は

それを思い出すことが出来て

「初めて」使いこなせるのです。

 

 

「検索の力」を鍛えるには?

f:id:idu_psylinks:20170311190538j:plain

 

恐らく、記憶に「検索」という

システムがあるという話自体

初めて耳にしたのではないでしょうか?

 

 

ですが、この「検索」の重要性

少し考えると誰でも分かります。

 

分かりやすくするために

ざっくりとした例を挙げてみます。

 

 

例えば、100の知識がある人

1しか検索できなかったら、

結局その人は「1しか知らない」

のと同じことですよね。

 

逆に10の知識しかなくても

10の検索ができるならば

その人は「10を知っている」

言ってよいでしょう。

f:id:idu_psylinks:20170311190652j:plain

 

 

つまり、ただ単に自己満足で

暗記をするだけなら話は別ですが、

 

テストや情報発信などのため

勉強をしているのであれば、

「検索力」を鍛えることが

必要不可欠というわけです。

 

 

記憶に関する認識を改めよう

f:id:idu_psylinks:20170311190800j:plain

 

では、具体的に「検索力」を

鍛えるためにはどうすれば良いのか?

という話に入っていこうと思いますが、

 

話が長くなってしまいますので、

具体的な方法は別の記事でお話します。

 

 

今日の話は、勉強を進めるうえで

『非常に』大事な部分になります。

 

 

試験本番で

「あれ~、覚えてたはずなのに…」

という失敗を犯したくないのであれば、

この記事をもう1度繰り返し読んでください。

f:id:idu_psylinks:20170311190833j:plain

 

 

私自身、この考え方を知ってから

「暗記」に関する苦手意識が

一気に解消したこと

最後に付け加えておきます。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。