読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強の勉強法~エビデンスベースドラーニング~

「科学的見地に基づく」勉強法の勉強法をご紹介します。

面倒臭いを退け、復習に役立つノートの取り方

ノートを1つにすると
復習が超ラクになる!

f:id:idu_psylinks:20170308202614j:plain

 

んにちは。

PSYLINKSのだいきです。



今日は

「ノートの取り方」について

お話をしていくのですが、

 

少し前の「ノートは1冊にまとめなさい」

という記事は読みましたか?

f:id:idu_psylinks:20170308202715j:plain

 

今回の記事では、

ノートを1冊にまとめることで

得られるメリットについて

丁寧に見ていこうと思います。

 

なので、もしまだ

前回の記事を読んでいたければ、

 

『ノートの取り方1つで
勉強をグッと効率的にする方法』

を知ることが出来るので、

まずはこちらの記事を読んでみて下さい。

↓↓↓↓↓

idu-psylinks.hatenablog.com

 

 

簡単に話をまとめると

ノートを一冊にまとめることで

 

・復習が簡単にできるようになる

・勉強のモチベーションを高められる

・クリエイティブな発想を思いつくようになる

 

このようなメリットがある

という話でしたね。

f:id:idu_psylinks:20170308202828j:plain

 

この中の1つである

「復習が簡単にできるようになる」

理由を今回の記事でお話します。

 

 

勉強において必須の

暗記を効率的にこなすには

「反復した復習」が一番であることは

もうご存知の通りでしょう。

 

 

ただ、この「復習をする」

ということが結構面倒臭い…

f:id:idu_psylinks:20170308202922j:plain

 

であれば、今回の記事で

その面倒臭さを解消して、


学んだことをあなたの頭に

ガンガン記憶できるようになる

人生を変えるノート術

身に付けてみてはいかがでしょうか。



是非、最後まで

目を通してみて下さい。

 

復習は隙間時間で

f:id:idu_psylinks:20170308203000j:plain


では、早速本題である

「なぜノートを1冊にまとめると
復習がラクになるのか」

についての理由をお話しましょう。

 

それは

「ノートを常に持ち歩ける」

ようになるからです。

f:id:idu_psylinks:20170308203114j:plain

 

ちょっと想像してみて欲しいのですが、

勉強のジャンルごとにノートを分けた場合、

その全てを常に持ち歩くことって

ほとんど無いですよね。

 

ですが、ノート1冊くらいなら

すっとカバンに入れておいても

対して邪魔にはなりません。


つまり、

ノートを1冊にまとめることで

いつでも持ち歩けるようになり、


”ちょっとした隙間時間”で

いつでもノートの見返しが

出来るようになるんです。

 

 

復習=面倒くさいの思考をシャットアウト

f:id:idu_psylinks:20170308203208j:plain

 

そして、

常に持ち歩くという他にも

もう1つの大きなメリットが

存在するんです。


それは、

「余計なことを考えない」

という利点です。



例えば、ノートに取った内容を

復習しようと思い立ったときに、

ノートがたくさんあったら

どのように感じるでしょうか?

f:id:idu_psylinks:20170308203457j:plain

 

「今日はどのジャンルの
ノートを見返そうか」

といった余計な思考や、

「このジャンルについて復習をしよう!…で、
そのノートはどれだっけ?」

という探す手間がかかります。

 

一見、小さなことですが、

私たちはこの一瞬の間に

「なんだか面倒だな…」という感情に

取りつかれてしまうんです。

f:id:idu_psylinks:20170308203547j:plain

 

 

一方、ノートが1冊ならノートを

見返そうと思った瞬間にすノートを手に取り

面倒臭さを感じる前に復習に

取り掛かれるようになります。


つまり、面倒だから後でやろう

という先延ばしを防ぐことが出来るわけです。

 

ノートは何のために使うんでしたっけ?

f:id:idu_psylinks:20170308203716j:plain


そもそも、ノートをとる目的とは

何のためだったでしょうか?

 

その目的は、記録ではなく

記憶のためにノートを取る。

これが、前提条件でしたね。

 

詳しくはこちらの記事を

ご覧ください。

↓↓↓↓↓

idu-psylinks.hatenablog.com

 


つまり、ノートというのは

取って終わりではなく

その内容を記憶することに

意味があります。


そして、記憶を定着させる

1番の近道である復習を

効率的に行うのが、

 

この「ノートを1冊にまとめる」

という方法なんです。

 

 

「面倒臭い」と別れるために

f:id:idu_psylinks:20170308203800j:plain

 

 

復習を怠るのは

それが難しいからではなく

「面倒くさい」という感情

邪魔されるから。

 


そうならないためにも

是非、今日の話を思い出して


「ノートを1冊にまとめる」


という新しいノートの取り方を

是非、実践してみて下さい。

 


最後まで読んでいただき

ありがとうございました。