読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強の勉強法~エビデンスベースドラーニング~

「科学的見地に基づく」勉強法の勉強法をご紹介します。

集中力を自在にコントロールする可視化テクニック

集中力

「集中力は5分が限界…」

f:id:idu_psylinks:20170304153629j:plain

 

日本一、集中力のない男

1時間でも2時間でも

集中力を保てるように!

 

その秘密は、

小学生でもできる

「〇〇の使い方」にあり!

 

 


んにちは。

PSYLINKSのだいきです。

 

 

今日は勉強において必須の

「集中力」というテーマを

お送りしていきます。

 

 

あなたは「集中力」に

自信がある方でしょうか?

 

それとも、勉強をするはずが

5分後にYoutube

見ている自分に気づいて

絶望する方でしょうか?

 

f:id:idu_psylinks:20170304153743j:plain

 

 

ちなみに私は、
ちょっと前までは
完全に後者の方でした。。。

 


ですが、集中力に関する

文献や研究を調査した結果

 

今では、1時間でも2時間でも

一つのことに集中して

取り組めるようになりました。

 

 

極限まで集中して仕事をする

私を見て、周りの人はよく

「すごいね」と言ってくれます。

f:id:idu_psylinks:20170304153856p:plain

 

 

でも、そんなとき僕は

嬉しさと同時に罪悪感

覚えてしまうんです。

 

 

だって、集中力があるのは

僕の力ではなく、

 

誰でも簡単に集中力を

維持できる仕組み

使っているだけなんですから。

 

 

なので、今日は

僕の罪悪感を薄めるために

あなたに懺悔をさせてください。

 

 

集中力の定義とは?

f:id:idu_psylinks:20170304154020j:plain

 

あ、そんなに

身構えないでください。

 

難しいことを言うつもりは

これっぽっちもないので。

 

 

さて、あなたはそもそも

集中力がある、ないという時の

『集中力』ってそもそも

何だと思いますか?

 

例えば、ある人は

「誘惑に負けずにやるべきことを

今すぐにやるための力」

と答えるかもしれません。

f:id:idu_psylinks:20170304154236j:plain

 

また、われらが

wikipedia先生なら


「一つの事柄に注意を
集中して物事に取り組む能力。」


と言っています。

 

 

つまりは、

「周りの誘惑に負けずに

1つの物事に取り組む力」

ということです。

 

 

 

では、どのようにしたら

この「集中力」を

伸ばすことが出来るのか?

f:id:idu_psylinks:20170304154325j:plain

 

これについては古今東西

様々な研究がなされています。


そこで今日は、僕自身が試して

特に効果のあった方法

今回は1つ紹介しますね。

 

 

 

集中力を見える化しよう

f:id:idu_psylinks:20170304152518j:plain

 

自分の集中力を伸ばすために

まず知っておいてほしいこと。


それは

「集中力は時間の密度」

という考え方です。

 

なぜ、集中力を高めるのに

時間という要素を

取り入れているのか?

 

 

それは、それ単体だと

イメージしづらい集中力を

時間という尺度を通して

見える化できるようになるからです。

f:id:idu_psylinks:20170304154434j:plain

 

例えば、あなたが

英単語を100個覚える

課題をするとします。

 

 

その時に、

「集中力を上げて覚えてください」

と言われたらどうでしょう。

 

 

なんとなく集中して

覚えようと頑張るけど

そもそも頑張るって

どれくらい頑張ればいいの?

 

と、非常にあいまいなので

上手く集中力を高めることは困難です。

f:id:idu_psylinks:20170304154559j:plain

 

 

ですが、こういわれたら

どうでしょう?



「あなたは普段、英単語を

100個覚えるのに

大体30分かかるんですね。」

 

「では今日は集中力を上げて

25分で覚えてみましょう」

 

こう言われたら、

具体的にどうしたら

集中力が上がったと

言えるのかが明確です。

f:id:idu_psylinks:20170304154705j:plain

 

これなら、

覚える時間を5分

縮められるように頑張ろうと

具体的に考えられるようになります。

 

 

つまり、ここでは

いつも30分でやる事を

25分でやることが集中力を

高めるためにやるべきことなんです。

 

 

このようにして

目に見える形で

集中力を高めること

常に意識してみて下さい。

 

 

そうするだけで、

漠然と「集中しよう」と

思っているだけではなく、

 

明確に「集中しよう」

思えるようになりますから!

f:id:idu_psylinks:20170304154758j:plain

 

集中力は時間という

尺度を使って

目に見える数値にする。

 

これが集中力を高める

最も効率的な方法の1つです。

 

実践、集中力増強!

f:id:idu_psylinks:20170304154842j:plain


あなたはいつもの作業に

どれくらいの時間をかけていますか?

 

そして、もし頑張ったら

その時間をどれくらい

縮められるでしょうか?

 

 

この時間の短縮を目指すためにも

「いつもやっている作業を

1分早く終わらせる」こと

まずは目標にしてみましょう。

 

 

このたった1分を短縮するという

トレーニングを日ごろから行うことで

あなたの集中力は鍛えられます。

f:id:idu_psylinks:20170304154944j:plain

 

さあ、今日の作業から

早速試してみましょう!

 

 


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。