読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強の勉強法~エビデンスベースドラーニング~

「科学的見地に基づく」勉強法の勉強法をご紹介します。

睡眠不足が生産性に与える影響を調査してみた

 

データで見る睡眠の重要性と
睡眠の質を低下させる要因

f:id:idu_psylinks:20170225153248j:plain

 

 

んにちは。

PSYLINKSのだいきです。

 

 

今日は、快眠のための方法ではなく

寝不足が日中の生産性や健康に

どれだけ悪影響を及ぼすか

調べた研究の結果をご紹介します。

 

 

なので、

今すぐに快眠のための方法を

知りたいという人にとっては

一見、面白くない話かもしれません。

 

f:id:idu_psylinks:20170225153323j:plain

 

 

ですが、今回の研究結果を見ると

とても興味深いことが分かります。

 

 

例えば、しっかり眠れている人と

慢性的な睡眠不足な人とを比べると、

生産性が半分以下になる

という事を知っていましたか?

 

f:id:idu_psylinks:20170225153423j:plain

 

 

今日、お話するテーマは

直接的な勉強のノウハウ

というわけではありませんが、

 

これを知っているかいないかで

 

・睡眠の重要性を冷や汗が出るほど

実感して、睡眠をしっかりとるという

望ましい習慣が身に付けやすくなる

 

・なぜ、頭のいい人ほど

しっかりと休息をとるのか

科学的見地に基づいて知ることができる

 

・しっかりと寝ることにしよう

→次の日、勉強がとても捗る!という

好循環を努力せずに身に付けられる

 

といったあなたの生産性を

最短最速で高められるようになります。

 

f:id:idu_psylinks:20170225153530j:plain

 

 

それとも、

このままこのページを閉じて

 


・「寝ずに頑張るのが美徳」という

何の根拠もない根性論にしがみついて

心も体もボロボロになりながら

結果の望めない勉強を続ける

 

・いくら頑張っても試験に

受かる気がしないように感じる

 

・様々なストレスが蓄積して

家族や友人、恋人などに

ついつい八つ当たりをしてしまう

 


といった事態を引き起こしますか?

 

f:id:idu_psylinks:20170225153753j:plain

 

 

 

もしもあなたが、

結果の出る勉強法を身に付けて

公私ともに充実した生活

手に入れたいと思うなら、

 

今日の話は、数か月後・数年後に

「読んでおいてよかった!」と

心から思えるような内容になるはずです。

 

 

是非、楽しみながら最後まで

読んでいってください。

 

 

 

事務職のビジネスマンを
対象にした睡眠調査

f:id:idu_psylinks:20170225153843j:plain

 

 

では、前置きは抜きにして

早速本題に入っていきましょう。

 

 

睡眠評価研究機構代表

白川修一郎医学博士によると

睡眠の質が悪いビジネスマンは、

充分な睡眠をとっている人に比べて

 

・会社の病欠が1.9倍

・精神的な不健康感が5倍

・職業活動性の低下が2.4倍

・人間関係の悪化率が2.5倍

 

という調査結果があるのです。

 

f:id:idu_psylinks:20170225153953p:plain

 

 

つまり、睡眠不足の人は

 

・会社を病気で休む確率が1.9倍

・気分の落ち込みやすさが5倍

・仕事の生産性が42%減少

・対人関係のトラブルが2.5倍

 

というリスクを抱えるという

事になってしまうのです。

 

 

 

 

睡眠不足を誘発する
主な原因をまとめてみた

f:id:idu_psylinks:20170225154015j:plain

 

 

 

また白川博士は、その著書の中で

睡眠の質に悪影響を及ぼす原因

についても言及しています。

 

 

それによると、

睡眠の質が低下する割合が

 

・独身だと1.6倍

・中程度の精神的ストレスで2.5倍

・強いストレスにさらされると5.6倍

・仕事に満足感がないと1.6倍

・寝室の環境が悪いと1.6倍

 

と、これだけ睡眠の質が下がる

という研究結果が挙げられています。

 

f:id:idu_psylinks:20170225154126j:plain

 

 

こうしてみると、特に

中~強程度のストレスを抱えることが

これだけ睡眠の質を低下させるという

結果に驚くばかりです。

 

 

 

睡眠不足のデメリットと
睡眠の質を低下させる要因

f:id:idu_psylinks:20170225154140g:plain

 

 

では、ここまでの話で

再度知っておきたいことを

まとめましょう。

 

 

☆一定以上のストレスを抱えると、

睡眠の質が著しく低下する

 

☆睡眠の質が低下すると

健康・仕事・人間関係といった

あらゆる面で悪影響を及ぼす

 

 

という事が、科学的な研究によって

明らかにされているのです。

 

f:id:idu_psylinks:20170225154157g:plain

 

 

 

冒頭にもお話した通り

今回は直接、睡眠の質を改善する

ノウハウといった内容ではありません。

 

 

ですが、

このように客観的な数字で

睡眠不足の影響などを見ることで、

 

改めて、睡眠の質の重要性に

気が付けたのではないでしょうか?

 

 

 

ちなみに、これらのデータは

 

白川修一郎著

ビジネスパーソンのための快眠読本

 

という書籍を参考に

させていただきました。

 

f:id:idu_psylinks:20170225154222j:plain

 

 

このように、私が発信する情報は

出来るだけ科学的見地に基づいた

信頼性の高い情報に絞っているので、

 

エビデンス(証拠)に基づいた

睡眠の科学を知りたい方は

是非、当ブログの他の記事も

読んでいただけたらと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。