読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強の勉強法~エビデンスベースドラーニング~

「科学的見地に基づく」勉強法の勉強法をご紹介します。

頑張らないほど意志が強くなる卑怯な意志力

習慣・意志力

意志の力の2つの特徴

f:id:idu_psylinks:20170314171946j:plain

 

 

んにちは。

PSTYLINKSのだいきです。

 

今日は、意志力に関しての

2つの特徴について見ていきます。

 

その前に意志力とは何かについて

軽く復習をしておきます。

 

意志力とは、自制心自己コントロール

言われる能力のことで、

 

・やるべきことを今すぐやる

・やるべきでないことをしっかり我慢する

 

といった行動を決定するものです。

f:id:idu_psylinks:20170314173438j:plain

 

 

例えば、

 

10分後に勉強をしようと決めたのに、

結局だらだらと先延ばしを繰り返して

勉強をせずに一日が終わる

 

といった経験は誰しもが

一度は体験したことがあると思います。

 

 

ですが、意志の力があれば、そんなときも

「もう時間だから勉強をしなくては!」

望ましい選択が可能になります。

 

意志力に関しての基本的な話は、

こちらの記事で紹介しているので

「意志の弱さ」に悩んでいる人

必ず目を通しておきましょう。

idu-psylinks.hatenablog.com

 

 

意志の力を最大限に引き出す2大原則とは!?

f:id:idu_psylinks:20170314173549j:plain

 

このブログを通して、あなたには

意志力を最大限に利用する方法を

100%実行できるようになってもらいます。

 

ですが、そのためにはやはり

「意志力に対する理解」が必須になります。

 

つまり、意志力とはそもそも

どのようなものなのかをしっかりと

理解する必要があるということです。

f:id:idu_psylinks:20170314173640j:plain

 

そんなわけで、今から

『意志力に関する2つの原則』

あなたにお教えしましょう。

 

 

その2つの原則とは、

・意志力の総量は決まっていて、
使えば使うほど消耗していく

・意志力の出どころは1つしかない

というものです。

f:id:idu_psylinks:20170314173755p:plain

 

 

この2つの原則さえ理解すれば、

あなたは自分の意思の力を

自由自在に使いこなせるようになります。

 

 

では、これらの原則について

1つ1つ解説をしていきます。

 

 

意志力は使えば使うほど消耗する

f:id:idu_psylinks:20170314174054j:plain

 

1つ目の原則は、

「意志力には総量が決まっていて、

使えば使うほど消耗していく」

というものでした。

 

 

そもそも意志力というものは、

体力などと同じように使えば使うだけ

消耗していくという性質があります。

 

 

そして、意志力というのは例えば、

 

・今日の朝食は何を食べようか?

・今日の服装はどれで行こうかな?

・今日は、あれとこれを終わらせないと…

 

という些細な選択や決断ですら消耗します。

f:id:idu_psylinks:20170314174159j:plain

 

 

例えば、午前中には苦も無く

こなしていた勉強や仕事が、

夜になるととても面倒に感じる

といった経験はありませんか?

 

これは、朝から何十、何百と

意志の力を働かせてきた結果、

夜になると自制心を働かせるだけの

意志力がないことが原因なのです。

 

 

つまり、意志力を保つためには

極力「選択をしないで済む」工夫

する必要があるです。

 

その具体的な方法については、

別の記事で詳しくお話します。

 

 

意志力の出どころは一つしかない

f:id:idu_psylinks:20170314174323j:plain

 

そして意志力に関するもう1つの原則が

「意志力の出どころは1つだけ」

というものです。

 

これは何かというと、

どんな選択や決断などに対しても

意志力は等しく消費されるということ。

 

 

ちょっと難しいですね。

 

私たちは普段、仕事や家族関係、

勉強やスポーツなどはそれぞれ

関係のないつながりだと思っています。

 

つまり、仕事でトラブルを抱えていても

趣味に影響はないし、

家族関係のいざこざが勉強に影響を

与えることはほとんどない。と。

 

こういった考えの根底にあるのは、

意志力はそれぞれ別に消費する

というものです。

f:id:idu_psylinks:20170314174536j:plain

 

 

ですが、

実際はこれらで消耗する意志力は

「全て同じ出どころ」から発揮されています。

 

 

つまり、一見関連性のなさそうなこと。

 

例えば、なにから勉強をしようかな

という選択をすることが、意志力を消耗して

夜遅くまでだらだらとyoutubeを見る

という悪影響を及ぼすことになるのです。

 

 

 

意志力の原則は2つだけ

f:id:idu_psylinks:20170314174623j:plain

 

 

もう一度整理をすると、

意志力には2つの原則。

 

・意志力の総量は決まっていて、
使えば使うほど消耗する


・意志力の出どころは1つしかない

 

 

この2つをより実践的に活かす方法は

次回以降の記事でお話をしていきますが、

これらの原則を知っておくだけでも

あなたの意志の力はレベルアップします。

f:id:idu_psylinks:20170314174802j:plain

 

 

そこで、あなたに1つ提案があります。

 

これは実際に、私が意志力という概念を

初めて知った時に実際にやったことですが、

 

今日お話した2つの原則を

今から紙に大きく書き写して、

常に目に見えるところに貼っておきましょう。

 

 

たったこれだけで、意志力への意識が

常に目に飛び込んでくるので、

誘惑に打ち勝つことが余裕になります。

f:id:idu_psylinks:20170314174911j:plain

 

 

もしかして今、「面倒臭いな」と思いました?

 

その面倒臭いを「今すぐやる!」にするのが

意志力の最大の利点なんですよ!

 

 

是非、今すぐ紙に意志力の2つの原則を

書き出してみて下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。